HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

気軽にできる太陽光と手回し発電

エコを気軽に実践することも可能です。最も簡単なのは照明器具に太陽光発電を活用する方法です。庭や窓際、玄関先などにこのような照明を設置すれば、夜になると勝手に点灯してくれます。ライフスタイルを変えることなく、実践できるので、とてもお手軽です。 また、室内照明やラジオは手回し発電ができる商品を使うことで電気を節約できます。どちらも数分間手回しすれば、数分間は使えます。少し面倒ですが、節電意識は高まると思われます。 どちらの方法も大した電気は作り出せませんが、電気の大切さや貴重さを体験できるのが良いところだと思います。これらの商品を使うことで電気を作り出すことの大変さを感じるので、他の家電も使わなくなっていくのが良いのです。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成弁護士を独占取材した記事
サイト紹介 業務分野は、裁判・紛争(会社訴訟・非訟を中心とした企業活動に関わる事件)、経営支配権争いに関わる事件(内紛、敵対的企業買収、委任状争奪戦、社長解任)、企業不祥事対応、会社法、金融商品取引法、民商法を中心とした企業活動に関わる法律問題の助言。 具体的には、私自身が案件の詳細を把握し、自ら手を動かし、調査し、方針決定を行います。これにより、直接クライアントに寄り添った問題解決に努めます。 大塚和成氏が関わった案件では、21LADY(名証セントレックス)おける委任状争奪戦(上場企業の株主総会において創業者社長の再任議案が否決された事例・提案株主側)(2018年)。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。