HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

いじめという言葉は違います

子ども達の自殺が、後をたたず一行に減少しないのが今の状況です。 その自殺の原因が、いじめが占めています。 子ども達は、親にも言えず一人で悩む苦しみ死を選択してしまいます。 毎日、殴られたり暴言を言われることはいじめと一概にいわずこれは犯罪であると教えるべきです。 殴ることは、傷害罪になり暴言やお金の請求は恐喝罪になります。 そして、犯罪を犯すと警察へ行くことになると説明をするべきです。 このままでは、子どもの大切な命が死への危険のさらされたままです。 解決をしたいと思うなら、犯罪だということを何度でも子ども達に説明をしていくことです。 そして、傷つく子ども達が逃げることができる場所を数多く用意して、逃げることも大切と教えます。

応援企業

ヒューマン 伊藤真哉 三重は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 ヒューマン 伊藤真哉 三重
WEBサイト 三重県にある伊藤真哉氏のヒューマン
会社案内 ISO教育では、「ISO 9001(品質)」と、「ISO 14001(環境)」の教育を受ける必要があり、どちらも必須の教育内容となっている。 ヒューマンの代表取締役として知られる伊藤真哉氏は、三重県で事業を展開する実業家であり、地域貢献を心掛けている人物である。 ヒューマン(三重)の伊藤真哉氏は人材派遣型の事業と、業務請負型の事業を展開し、顧客のニーズに合ったサポートで信頼と実績を積み上げてきている。 従業員教育は人材派遣会社共通の課題ではあるが、独自の従業員教育システムを導入し、伊藤真哉氏のヒューマン(三重)は、一定の評価を受けている。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。